パソコン関連製品紹介

気になったパソコン関連の新製品等を、紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

USBで簡単ワンセグ、「ちょいテレ、DH-ONE/U2」 

携帯電話や、MP3プレイヤーなどにも搭載されているワンセグですが、パソコンでも簡単にみれる、USBワンセグチューナーがパソコン周辺機器メーカーのバッファローから発表されました。

商品名は「ちょいテレ」、型番DH-ONE/U2です。

USBのフラッシュメモリー程度の大きさなので持ち運びにも便利ですし、バスパワーで動作しますので、別途AC電源が必要ありません。

また、ケーブル長3mの高感度外部アンテナも付属してくるので、デスクトップパソコンでも利用できます。部屋にアンテナがない人もこれでテレビを見ることができますし、今テレビチューナーが付いていないノートパソコンでもテレビを見ることができるようになります。

また、インターネットに接続しておくと携帯電話から録画予約ができますし、番組表もダウンロードすることができます。

ただ、対応OSがWindowsXP(SP2)、Windows2000(SP4)とWindows98SEなどではちょっと使用することができません。



参照URL
・バッファロー
http://buffalo.jp/products/catalog/item/d/dh-one_u2/index.html
・社団法人 地上デジタル放送推進協会
http://www.d-pa.org/1seg/index.html


スポンサーサイト
[ 2006/09/28 21:33 ] パソコン関連製品 | TB(0) | コメント(-)

ナンバーポータビリティのメリット、デメリット 

つい最近友人が携帯をAUからドコモへ変更しました。AUなどのCMでもナンバーポータビリティ(MNP)を紹介していますが、メリット、デメリットはどうなのか疑問になったので調べてみました。

ちなみにMNPと略されたりしていますが、Mobile Number Portabilityの頭文字なんですね。

メリット
・電話番号がそのまま使えること。
・キャンペーン中であれば約2000円分のポイントバック。

デメリット
・転出時に手数料2100円が必要。
・新規契約時に手数料平均3000円+新しい携帯代が必要。
・転出手続きをまず行ってから、転入手続きが必要。乗り換えに時間がかかるかも。
・現在使用中の携帯会社のポイントは消える。
・着うた等のデータは引き継げない。

メリット、デメリットはこのようなところでしょうか。

例えばドコモからauへ乗り換える場合、転出時にドコモに2100円の手数料が必要で、auへの転入時に新規契約料2835円+携帯の機種代が必要です。ポイントで2100円分帰ってきます。

次に、手続きの方法ですが、
1.現在契約中の会社にMNP予約を行い、予約番号を受け取ります。
2.乗り換える新しい会社で新規契約時にその予約番号を伝えます。
3.後は、普通の新規契約と同じ流れです。
ですので、新しい携帯を先に買ってしまうわけにもいきません。

もともと乗換えを考えていた人にはメリットはあると思いますが、これを利用してみてと考えていた人には微妙かも知れません。

参照URL
・ドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/mnp/
・au
http://www.au.kddi.com/au_mnp/mnp/index.html
・vodafon(PDF)
http://www.vodafone.jp/japanese/release/2006/20060831j.pdf


[ 2006/09/27 23:47 ] パソコン関連ニュース | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。