パソコン関連製品紹介

気になったパソコン関連の新製品等を、紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

HDDケース、CENTURY ドライブドアテラボックス3 

以前紹介しました、ドライブドアテラボックス2の後継機ドライブドアテラボックス3が発売されています。内蔵HDDの3.5インチを使用します。HDDは同梱されていませんので、バルクのHDD等を準備してください。

EX35PS4W/ホワイトとEX35PS4B/ブラックの2種類が用意されていますが、内容は一緒です。

TV録画等をしていますとすぐにHDDの容量も足りなくなってきますので、外付けHDDを買い足すにも、1台で意外と場所をとりますので、増えてくると邪魔になってしまいます。そこで、HDD4台を搭載できコンパクトに収まるドライブドアテラボックス3はいかがでしょうか。

ドライブドアテラボックス3は、HDDのケーブルは全て前面で抜き差しできますので、増設作業もプラスドライバー1本で簡単にできます。パソコンの蓋を開けるより簡単に終わってしまいます。

ドライブドアテラボックス3は以前の機種とは違い、シリアルATAのHDDも特別な変換アダプタなしで使用できるようになったことです。もちろん、IDE接続のHDDも使用できますので、あまってるHDDを使用することもできます。

ただ、シリアルATAとIDEの組み合わせは、SATA:IDEが「4:0」、「2:2」、「0:4」でないと使用できません。「1:3」等では使用できませんので注意が必要です。

HDDの認識も全てを個別に認識する「スタンダードモード」と、全てをまとめて1台のHDDとして認識する「コンバインモード」が標準で用意されています。これは、背面にあるスイッチを切り替えるだけで選べますが、コンバインモードとして使用する際には一度フォーマットが必要です。

また、WindowsXP、2000であれば専用ソフトをCENTURYのホームページからダウンロードすることによって、HDD:HDDを「1:3」や「2:2」と細かく分けることも可能です。もちろん、HDDそれぞれのメーカーや容量はばらばらでも問題なく使用できます。

また、ドライブドアテラボックス3からはケース前面にも12cmのファンが搭載されましたので、背面の8cmファンとあわせて排熱もさらに強力になっています。

背面にはパソコン電源と「連動モード」のスイッチがありますので、「ON」に設定すると、パソコンの電源投入時に自動で、テラボックス3も電源が入りますし、電源を落とせば一緒に電源が切れます。

EX35PS4WEX35PS4B
スポンサーサイト



[ 2006/10/09 23:26 ] パソコン関連製品 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。